マスコットキャラクターちゅう マスコットキャラクター
“ちゅう”です!

イベント情報

第124回情報交換会  (2014/01/18 土)

1月17日(金)第124回情報交換会を開催いたしました。

ゲストスピーカーとしてお越しいただいたのは、
洛南タイムス社にお勤めの小日向 一(おびなた はじめ)記者です。
「拡大?縮小?地域報道」と題して、ご講演いただきました。

地域に密着して情報を発信している小日向記者の経験や過去の事例から、
テレビや新聞で取り上げられている地域のニュースと、地域住民が求める地域のニュースはイコールであるのか、そもそも地域報道とはどのようなものであるか等を考え、お互いの意見を交換し合いました。

私は実際の現場で働く小日向記者のお話を聞き、報道の仕事にとても興味を持ちました。
また、私たちが京田辺市の様々なイベントに参加することも、地域の情報発信につながっている事がわかりました。

講演の後は食事をしながらの交流会が通常の流れですが、今回はさらにゲストのご登場!

京都伝統産業青年会の方々による篠笛の演奏が行われました。
篠笛の体験コーナーもあり、参加者・スタッフで音出しに挑戦しました。

会場はあっという間に音楽室のように(笑)
皆さんの練習する熱気で会場の温度も上がった気がします。

2014年のスタートにふさわしい、明るく活発な情報交換会になりました。
参加者の皆様、お越しいただきましてありがとうございました。

次回は2月21日(金)18時30分から、
京田辺で活動していらっしゃる「ビオ多々羅」 代表の田中 博由様をゲストスピーカーにお迎えし、
第125回情報交換会を行います。

ぜひご参加ください。

Writer:高橋
comments (0) | trackbacks (0)

ふるさと劇団結成 とんちんかんちん座 記者会見  (2014/01/15 水)

P1090040.JPG

本日は、ふるさと劇団とんちんかんちん座の記者会見に、山本菜、小出で参加してきました。

ふるさと劇団とんちんかんちん座とは、吉本興業さんの「住みますプロジェクト」内で「よしもとふるさと劇団」として行っている企画で、京田辺市社会福祉協議会さんの呼びかけで結成されました。

今日は、その結成記者会見を、京田辺市役所で行いました。

参加者は、座長 京都住みます芸人の月亭太遊さん。
そして副団長は、カメラのトモミ堂の田原剛さん。
応援隊として、京都住みます芸人のタナからイケダ。
特別出演として、石井明三市長。
劇団員として、市長秘書、民生委員の方、ふれあいの駅の方、地域住民の方、山城みそら法律事務所の方、消防署の方、社協会長、そしてきゅうたなべ倶楽部一同。

まずは、3月30日の京田辺市社会福祉大会での披露に向け、練習していきます。
脚本は月亭太遊さん。
芸人さんだけも面白い劇団になりそうです。

また、本日、会見最中にTwitterアカウントも作成しました。
Twitterカウントは、以下の通りです。
https://twitter.com/tonchinkanchin9
是非ともフォローよろしくお願いします。


きゅうたなべ倶楽部は、今後、ふるさと劇団結成 とんちんかんちん座の劇団員として活動していく予定です。
練習内容等も随時報告させていただきますので、ご声援の程よろしくお願いします。
comments (0) | trackbacks (0)

竹灯篭引き渡し会  (2014/01/13 月)

10月20日に大盛況に終わった第8回竹フェスタ。
その竹灯篭に、様々な絵を書いてくれた子どもたちにお返しするため、同志社山手公民館でイベントを行いました。
P1060523.JPG
※絵を書いてもらった時の様子。

参加者は、宮本、羽田、森、石田、小出。
そして、かね井染織の岩田さんも来て下さいました。
同志社山手公民館に到着し、まずは準備です。
P1080999.JPG
今回もお馴染みとなった投扇興の準備を行い、みんなで頑張って掃除。

今日は、NPO法人IVUSA同志社大学京田辺キャンパスクラブの方々もお手伝いに来てくださいました。
これから、きゅうと共にイベント等を行う事になりそうです。
そのIVUSAの方々、子どもたちが来るまでは投扇興体験。
P1090004.JPG
かね井染織岩田さん指導のもと、投扇興を楽しんでおられました。


13時、イベント開始。
自分が作った竹灯篭を探す子どもたち。
P1090024.JPG
沢山の子どもちがやってきました。

、、、と、言いたい所でしたが、ちょっとイベントから日が経ち過ぎちゃってましたかねえ。。。
あんまり来てくれなくてちょっと残念でした。。

でも、嬉しい事もありました。
投扇興で遊ぶ子どもたち。
P1090019.JPG
「これ、やるー!」
と、言って遊び始める子どもたち。
もうすっかり子どもたちにも、お馴染みの遊びになってる模様です。
昨年より、同志社山手では何度も投扇興教室を開いてます。
継続は力なり、というのを感じる事ができました。

お砂場遊びも盛り上がっていました。
P1090020.JPG


終了時間も近づき始めた時、ふとテラスを見ると、何やら物思いに外をふけている人物が1人。
P1090007.JPG

そう。
我らが代表、宮本です。

彼ももうすぐ卒業。
彼は、ここ同志社山手のイベントにかなり尽力しました。
ここでは、楽しい事や嬉しい事はもちろん、辛い事も沢山ありました。
もしかしたら、ここに来るのはもう最後かも知れない。
そんな事を思いながら、感傷に浸っているのでしょうか。
本当、今までお疲れ様でした。



、、、と、思いきや、、、、


140111_1.gif




!!



140111-2.gif

感傷的になってるのではなくて、単に子どものおもちゃを狙っているだけでした。
まあ、子どもさんも(たぶん)快く貸していましたし、頑張ってきたのは事実ですから、そっと遊ばせてあげる事にしておきました。
いつまでも童心を忘れずに。


イベント終了は、同志社山手自治会、IVUSA、きゅうたなべ倶楽部、かね井染織岩田さん、そして小出で、今後の取り込みについて打ち合わせを行いました。
P1090011.JPG
きゅうたなべ倶楽部のミッションは、大学と地域をつなげる事。
そのミッション達成のため、大学と地域をどのように結び付ければよいのか?
大学生であるIVUSA、市民である同志社山手自治会、そこを結び付けるため、きゅうたなべ倶楽部と同じ目的と持つ、かね井染織岩田さん、そして小出で、一つのプラットフォームを構築出来れば、と、思います。


そんな訳で、少し人数は少なかったですが、今日も一日有意義な時間でした。
今後も同志社山手では、積極的にイベントを行なっていきたいと思いますので、今後ともどうかよろしくお願いします。


以上、成人から1◯年も経過してしまった小出がお伝えしました。
comments (0) | trackbacks (0)

新年会  (2014/01/11 土)

明けましておめでとうございます。
2014年もきゅうたなべ倶楽部をよろしくお願いします。


少し遅くなりましたが、1/4の新年会のことをあげます。
参加者は当団体の創設者である杉岡さん、その右腕として活動された佐野さん、現役メンバーは松永、津田、執行、高橋、宮本の5名でした。

当日、お忙しいお二方へせめて感謝の気持ちを示したいと、代表の宮本がとっさに考えたのはウコンを買うことのみでした。。orz
(気が利かず、すいませんでした;;)

現役メンバーは4名で参加するはずだったのですが、メンバーの一人の執行が現れたのでそのまま拉致r、、いや、参加したいとの事だったので急きょ一緒に会場へ。


飲み会の席ではざっくばらんに、たくさんお話ができました。
杉岡さんの学生時代のお話や、佐野さんの恋の遍歴←などなど、普段聞けない内容が盛りだくさんだったように思います。

真面目な話もありました。
昔のきゅうのメンバーがどう考えて活動していたかや、活動する上でのアドバイスもたくさんいただくことができました。
(後日のMTGで共有し、現在いくつかを実験的に試している状態です)


引退しても時間を割いて、僕たち後輩たちを気遣ってくださるのは、本当にありがたいことです。
僕たちの世代は杉岡さんらが活動されていた頃を全く知りません。
そのために、このような場で定期的にOB、OGの方々とお会いし、交流を図ることは本当に大切だと思います。

今後もこのような会が続いていくことを切に願います。



最後に、きゅうたなべ倶楽部は今年も『学生と市民とを繋げる』という理念のもと活動してまいりますので、
今年もどうかよろしくお願いします。

(宮本)
comments (0) | trackbacks (0)
過去のイベント