マスコットキャラクターちゅう マスコットキャラクター
“ちゅう”です!

イベント情報

第121回情報交換会  (2013/10/27 日)

10月25日(金)、第121回情報交換会を開催いたしました。
121


今回は、同志社大学政策学部長の今川 晃教授をゲストスピーカーにお招きしました。

講演のテーマは『個人から地域を変える意味』。

地方自治の現状や改善点、解決策などを、私たち学生にもわかりやすくお話しして下さいました。

お話のなかで挙げられた、高島屋の「一粒の葡萄」の例は興味深かったです。

これは、個人の声が仕組みを変えるきっかけになり得ることを意味するエピソードでした。

個人の声を大切にする点で議論のあり方については、

同じ意見をもつ者同士の集まりになったり、異なる意見が言いづらい場になってしまったりしがちですが、

さまざまな意見のもとで議論をする、また、内々ではなく外の複数の
コミュニティと関わり議論をしていくことが必要であるとおっしゃっていました。

私たちが毎週行っているMTGにも関わることであり頭に入れておかなくてはと思いました。

講演後には今回も活発な意見交流が行われていました。

有地さんお手製のおはぎは大好評!!

参加者なのにも関わらず、濱本さんがひたすらチヂミを焼いてくださいました!


1212
(すみませんでした、そしてありがとうございました)


参加していただいた皆様、ありがとうございました。

次回は11月22日を予定しています。
いい夫婦の日ですね(^^)
お楽しみに!!
comments (0) | trackbacks (0)

田辺区文化祭〜一日目〜  (2013/10/27 日)

10月26日/27日と田辺区の文化祭が、田辺区公民館でありました。
このイベントの目的は地域間の交流の場を提供することで、僕たちは毎年参加しています。

きゅうからは山本菜、津田、宮本がお手伝いとして参加しました。


山本は野点(のだて)という屋外で茶または抹茶をいれて、楽しむ茶会のお手伝いをしました。
茶道の先生からお茶の立て方を教わり、僕に作ってくれました。
先生から茶道はおもてなしの心だと教わり、作ってくれたそのお茶は、本当におもてなしの味がしました(おそらく。。←)

僕と津田は京田辺でとれた野菜の販売と、茶かぶきのお手伝いをしました。
茶かぶきとは、名を伏せていれたお茶の種類や産地を当てる,いわばお茶の飲み当て遊びです。

25000円/kgのお茶から1000円/kgのものなど5種類が用意されおり、参加者は真剣に考えていました。

ちゃかふく2.jpg


イベントが終了した帰り際には区長からお礼の言葉をいただき、来年も是非とおっしゃってくれました。
このような形で、市民との関係が年々強くなっていけばいいと感じました。
comments (0) | trackbacks (0)
過去のイベント