マスコットキャラクターちゅう マスコットキャラクター
“ちゅう”です!

イベント情報

コラム第5回「自分の限界を知ることも大切」  (2012/05/25 金)

こんにちは、執行です。

ここ最近、体調が芳しくありません。
先週の月曜日に一回ダウンして、このときはただの疲れから来た発熱だったので、一晩寝たら回復したのですが、このとき一緒に悪くなった喉は全く治ることもなく、咳が出ながらも、掛け持ちしているサークルの練習にそのまま行ったり、バイトの研修に行ったりして、身体を休ませることはほぼありませんでした。
喉の痛みは今週になっても治まらず、昨日からついに再び発熱、鼻水等の風の症状が出始めました。

今週の日曜日には、市民ねっとホームページ作成委員会さんの会議に参加させていただくことになっているので、日曜日までには体調を整えておく必要があると思っているのですが、明日もまだいろいろな活動が入っており、どうにも休んでいられない状況。

さらには、今日自分の部屋にタンス2つと机が入り、ようやく持ってきた荷物(段ボール13箱)を片付けられるようになりました。
…というか、片付けないと寝る場所も確保できないんですけどね。

加えて宿題も若干溜まっております。
ついに手に入れた新パソコンを使って進めたいため、新パソコンのネット環境等も整備しなくてはなりません。

まぁ、どういうことかというと。
休んでる暇がありません。

5月の初めに「五月病に負けるな!」と書きましたが、どうやら僕は逆に頑張りすぎているようで。
何事も「1か0」の性格を持つ僕は、やりたいことが大量にあり、大学生になって一気に手を付けたばっかりに、逆に対応しきれなってしまったのだと思います。

約20年生きてきて、初めて「無理をする」の意味を体感することになりました。
今後は、自分の身体と向き合い、自分にとって無理のない生活を送れるように、スケジュール管理もきちんとできるようになりたいですね。
comments (1) | trackbacks (0)

環境フェスタ IN KYOTANABE  (2012/05/21 月)

気がつけば新年度がはじまってから一ヶ月半も過ぎてるんですね。
いつもお世話になっている松永です。

さて、5月20日に京田辺市中央公民館で開催された
「環境フェスタ IN KYOTANABE」にブースを出展していたので
その報告をさせていただきます。

今回の参加者は、有地、小出、松永です。

きゅうたなべ倶楽部は、
「あなたの暮らしは地球何個分!?
  〜エコロジカル・フットプリントで測ってみよう!〜」
というテーマで出展しました!

みなさんはエコロジカル・フットプリントって御存知ですか?
私はこのブースを出展するまで詳しくはわかっていなかったのですが、

「エコロジカル・フットプリント(Ecological Footprint)とは、どれほど人間が自然環境に依存しているかを、わかりやすく伝える指標であり、ツール(道具)です。」エコロジカル・フットプリント・ジャパンHPより引用(2012年5月21日現在)

だそうです。

実際に自分の生活は地球何個分の暮らしをしているのか測って頂きました!
こちらにリンクを掲載するのでもし興味をお持ちの方は測ってみてください!!

ちなみに日本人の生活は平均地球約2.4個分の暮らしです。
私の暮らしは地球何個分?

こちらは準備中の風景
出展待ちの小出さん

閑古鳥がなくブース・・・。
12 - 3.jpg

タブレット一つで診断していただいたので、回転率が非常に悪かったのが反省点でした。
また、子供にも興味をもってもらえるような工夫が必要だよっとアドバイスを頂き、来年に生かしていきたいと思います。

環境に感心をよせている皆様にお会いすることができて大変楽しく活動することができました。
以上で報告を終わります。
comments (1) | trackbacks (0)

コラム第4回「広報活動の最大の壁」  (2012/05/18 金)

こんにちは、執行です。

先週の情報交換会に来て下さった方々、本当にありがとうございました!
総計13名(スタッフを除く)もの方々にお越しいただき、皆様も我々としてもとても有意義のある時間を過ごせたと思います。

Twitter等にも告知している通り、次の第106回情報交換会は6/9(土)を予定しております。
詳細は、後日また、きゅうのHPやTwitter、Facebookにて掲載いたしますので、ぜひご参加ください。
なお、次回から参加費を徴収いたしますので、ご了承ください。
学生の方は参加費を無料とさせていただきます。
その際は学生証を提示していただく場合がありますので、ご持参ください。

さて、ここで書くものではないのかもしれませんが、せっかく先週分のコラムで自分なりの広報活動を行ってみた、と書きましたので、今回はそこから得たことや気づいたことを述べていこうと思います。
すなわち「反省」ですね。

先週の内容とかぶりますが、今回僕は「A4サイズをを3分割した小さなビラを、デビューに挟んで一緒に渡す」というやり方で広報をしていきました。
最初は僕の知り合い、友達に渡していきましたが、僕の所属している別のサークルのメンバーや先輩たちにも、とにかく渡していきました。

そこから分かったのは、やはり「ほとんどの方がデビューやきゅうのことを知らない」ということです。
その一番の理由は「興味があるか、ないか」
実際、僕が手渡しをして手に取ってくれたとしても、ページをめくることもなくカバンにしまう方もいましたし、「いや、たぶん読まないからいいや」とバッサリ断られたこともありました。

場前を知ってもらうことも重要ですが、やはり「興味」「関心」が最も重要であることを知りました。
しかし、ここはどうしようもない壁です。
強制的に興味を持たせることなんて不可能ですし、やはりそこは個人の意思の問題になってきますからね。

ただ、「関心を向けさせる」ことは、どうにか出来そうな気がします。
広告の中に盛り込む情報、レイアウト、配布の仕方 etc...
工夫はいくらでもできますから、今回のことを活かして、第106回目もより多くの人に来ていただけるような工法をしていきたいと思っています。


最後に、今週嬉しかったことを一つ。
僕が取っている「人間と社会」という授業において、「近年の無縁社会問題を解決するためにはどうすればいいと思うか?」という課題で、「現在僕はきゅうたなべ倶楽部に参加していて、きゅうのような地域的な活動が学生と市民をつなぐことにより、地縁の希薄化を解消できるかもしれません」と書いて提出したのです。
すると、先生が興味をお持ちになって下さって、次の授業の冒頭できゅうたなべ倶楽部を紹介してくださったのです!

本当に嬉しかったです。
今後も、学生と市民の深い地縁を結んでいけるような活動をしていきたいと思います。
よろしくお願いします!
comments (1) | trackbacks (0)

第105回情報交換会  (2012/05/13 日)

最近、半袖にしようと思っていたら急に寒い日が続き、気まぐれな天候に嫌気が差している学生スタッフ松永です。

さて、5月12日きゅうたなべ主催「第105回情報交換会」を開催しました。

スタッフが友達を誘ったり、ビラを龍馬館の前に掲示したりと、広報をしっかり行った効果があったためたくさんの学生さんが参加してくれました!

ほんとスタッフの努力が実って嬉しいです。

そして、今回はパーソナル心理コンサルタント中島 裕樹 様にお越しいただき「町づくりは環境づくり、環境づくりは人磨き」というテーマでご講演頂きました。

講演では「最近嬉しかったことは何ですか?」などテーマを中島様が出して下さり、参加者のみなさんがペアーとなってたくさん会話することが出来ようになっていました!
学生と市民の皆様が新しい「つながり」ができていくのを感じ大変嬉しく思います。

中島 様の講演ですごく心に響く言葉がありました。
それは
「自分が幸せでなければ、人を幸せにすることができない」
という一言です。

この言葉を聞いて昨年父に言われた一言を思い出さずにいられませんでした。
それは、自分の家族のこともろくにでけへん奴が、まちづくりなんかやるなという内容です。

父の一言はすごく痛いところをつかれました。
いろいろなことに夢中になりすぎ、身近なことをないがしろにしている自分にその時気づかせてくれたのです。
そして、今回の講演でもそのことを思い出しました。

人を幸せにするためには、まずは自分から。
それを忘れずにこれからの人生を歩んでいけたらと思いますあ。

P.S 講演前には、5月13日が「母の日」ということでお花をきゅうたなべ倶楽部市民代表の有地さん、元市民スタッフの岡部さんにプレゼントしました♪

次回の情報交換会は、6月9日の予定です。

それでは!


※写真は後日掲載いたします。
comments (0) | trackbacks (0)

コラム第3回「きゅうの名前を広めたい」  (2012/05/11 金)

ついに明日、第105回情報交換会が開催されます。
今回のゲストスピーカーである、パーソナル心理コンサルタントの中島さんのお話をとても楽しみにしています。
交流会でも、前回のように様々な方と交流を深められたらいいなぁ、と思っています。

今回、僕が力を入れたのは「広報」です。
「どのようにして、より多くの人に情報交換会のことを知ってもらい、お客さんを呼ぶのがよいのか」について考えをめぐらせることにしました。
前回は4/28に開催され、開催日の感覚が狭いため、短期間のうちにどれだけ多くの人にお知らせできるか、というわけです。

通常、呼び込みでしたらチラシ配りが効果的なのですが、様々な問題が発生するため、きゅうにとっては難しいところ。
なので、僕は友人や知り合いに知らせていくことにしました。

きゅうに参加している本人の言葉ですから、呼び込みのせいできゅうにマイナスイメージが付加されることは(たぶん)ありませんし、参加者をある程度把握できるため、現状で最も良い方法はこれしかないと思いました。
ただし、単にビラを配っても読んでもらえない場合があるため、デビューに挟んで一緒に配布することにしました。

実は、新入生の中には、デビューのことを知らない方が大勢いるのです。
デビューには良い情報がたくさん載ってますし、クーポンもついてます。
何より、きゅうを知ってもらうきっかけにもなります。
そのデビューに挟み込むことで、デビューとチラシの両方を見てもらえるようにしました。

僕が見たところによると、一年生の中でのきゅうの知名度が予想以上に低いため、今後もきゅうの活動を広く知ってもらい、来年度の新入生にも上手くきゅうを知ってもらえるような広報活動を考えるタスクを、勝手ながらも自分に与えています。
その一環として、今回情報交換会のお知らせを出来る限りやってみましたが、お知らせしたみなさんが来てくれるといいなぁ…と願っています。
たくさんの方が参加してくださると嬉しいです。

第105回情報交換会は、明日の18:30から、龍馬館で行われます。
是非ご参加ください!
よろしくお願いします!
comments (1) | trackbacks (0)

第105回情報交換会のお知らせ  (2012/05/07 月)

きゅうたなべ倶楽部は下記の要項で、

第105回 きゅうたなべ倶楽部情報交換会

を開催致します。

この会は、毎月開催している情報交換のための場で、ゲストスピーカーの話題提供のもと、大学、行政、企業、NPO、学生、市民など、まちを形成する様々な方が、それぞれ立場を越えて意見交換をする場となっております。
また、当団体の活動報告もこの場で毎月行っております。

京田辺と同志社や広くまちづくりにご関心のある方なら、どなた様でもご参加頂けますので、ぜひお気軽にお越し下さい。

●日時:5月12日(土)18時30分〜
●場所:きゅうたなべ倶楽部事務所「龍馬館」(京田辺市興戸久保17)
●ゲストスピーカー:中島 祐樹(パーソナル心理コンサルタント)
●テーマ:「町づくりは環境づくり、環境づくりは人磨き」
●参加料:無料
●申し込み方法:お名前、住所、電話番号、お勤め先(学校名)を明記の上、
きゅうたなべ倶楽部事務局(kyutanabe193@gmail.com)までメールにてお願いします

奮ってご参加ください。
スタッフ一同お待ちしております。
comments (0) | trackbacks (0)

コラム第2回「五月病を吹き飛ばせ!」  (2012/05/04 金)

今週から5月に入りました。
同志社生は4/28から5/6までのG.W.期間中、9連休という長期休暇となっています。

ぐっと羽を伸ばして4月からの新生活の疲れを取っている人もいれば、サークルにとことん打ち込んでいる人、実家に帰郷している人、ひたすら勉強している人など、過ごし方は十人十色ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

僕の場合、4月の終わりに親も引っ越してきたため、一か月間の短期一人暮らしに終止符が付きました。
その新生活のための準備のために、G.W.はずっと忙しい日々です。
親の手伝いをしたり、さらには友達と遊びに行ったり、宿題をしたり……
家でのんびり、ということはほとんどありませんでしたね。
残り2日も有意義に過ごせたらいいなと思っています。

さて、5月の連休明けといえば「五月病」という言葉をよく耳にすることになると思いますが、皆様はいかがでしょうか?

「五月病」といえば、4月から急激に周囲の環境が変わった人々の新生活が思うようにいかず、G.W.でとった休養の反動から起こるうつ症状のことで、いわゆる「適応障害」のことですが、最近ではG.W.が終わった後の倦怠感全般をさすようになりましたね。

対策としては、ストレスの発散が最もいいとされています。
パーッと買い物をしたり、カラオケに行ったり、あるいは飲みにいったりと、たまったガス抜きをすることで心機一転頑張れるということです。

あるいは、階段を上ったり、上り坂を歩いたりするのも良いみたいです。
未来志向を想起させる行動をとることで、心理的な作用により落ち込む気持ちを吹き飛ばすことができるとか。

しかし、学生にとって一番効果があるのは、「学校」や「授業」を好きになることではないでしょうか。
僕は、取っている授業に興味を持っているため、毎日の授業を楽しく受けられていますし、きゅうやきゅうのメンバーが楽しくて面白くて大好きなので、学校に行くこともとっても楽しいです。

皆さんも、ぜひきゅうで楽しく活動してみませんか?
お待ちしております!

…なんだか、勧誘みたいになって話がそれちゃいましたが、
とにかく! 五月病に負けず、これからもハリきって行きましょう!! 
comments (1) | trackbacks (0)

第104回情報交換回  (2012/05/03 木)

今年度からweb広報担当を勝手に名乗っている松永です。
これから眞野の意志を受け継いで更新を頑張っていこうと思います。

さて、4月28日にきゅうたなべ倶楽部主催「第104回情報交換回」を開催しました。
今回の情報交換会は、きゅうたなべ倶楽部設立9周年記念も兼ねています。
講師は2012年度きゅうたなべ倶楽部学生代表宮本尚之氏です。

竹島さん!
竹島さんも出席してくださいました!

まずはじめにきゅうたなべ倶楽部の4月の活動報告を。
その後に2011年度の活動報告を行いました。

和やかなムードで活動報告を終え、宮本氏の講演が始まりました。
講演テーマは「カナダで学び、きゅうたなべ倶楽部で実践」

いつも笑顔があふれる宮本の高校時代は、一言であらわすと”野球漬け”。
宮本の周りは野球のスポーツ推薦を勝ち取ったものだけが集まっていたため、お世辞にも学力が高いとは言えなかった。
毎日の厳しい練習、監督・先輩からの理不尽な暴力、レベルの低い授業。。。
このような厳しい環境で”馬鹿にだけはなりたくない”っという一心で勉強に励み、一年の浪人をえて同志社大学に入学。
そして、輝ける自分になるためにカナダで語学の勉強をしてきた。

非常に胸が熱くなる内容でした。
辛い過去があったからこそ今の宮本がいるんだっとこの講演を聞いてわかった気がします。
いつもはおちゃらけている宮本の違う一面をみることができました。
IMG_20120428_210640.jpg

そして、公演後はお決まりの懇親会です!
今回も白熱した議論があちこちで見ることができました。
懇親会1懇親会2


第104回情報交換会もたくさんの意見が飛び交うことができました♪

おまけ
龍馬館の照明を全部つけてみました!

龍馬館
comments (0) | trackbacks (0)
過去のイベント