マスコットキャラクターちゅう マスコットキャラクター
“ちゅう”です!

イベント情報

子ども居場所づくり「マイバック作り」  (2012/02/29 水)

こんばんは、
事務所にてたなべ・デ・ビューの配布のMTGをしている西岡です。

ブログは久しぶりです。
眞野くんに任せ過ぎでしたね。他のみんなもがんばろう!!!

先日2月25日の土曜日に京田辺市の田辺区公民館にて、
きゅうたなべ倶楽部主催のマイバック・エコバック作りを行いました。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

二月堂竹送りに参加してきました!  (2012/02/21 火)

ゼミの合宿も終わった松永です。

かなり遅れていますが、二月堂竹送りイベントに
参加したので報告させて頂きます。

2月11日、きゅうたなべ学生スタッフ、市民スタッフ
合計4人で二月堂竹送りイベントに参加してきました。
今回は、デビューの制作を手伝ってくれている
西野さんも参加してくれました!

二月堂竹送りは、なんと行っても朝が早いです!(笑)
開始が7時45分です!!
朝は苦手なので起きることができてよかったです。

普賢寺ふれあいの駅に、きゅうのスタッフが集合した後は、
竹林に行って二月堂まで運ぶ竹を掘り起こします。

竹林.jpg



竹林2.jpg



その掘り起こした竹をふれあいの駅まで運びます。

竹送り.jpg



そして、おいしい大根焚きを頂きました♪


美味しい大根焚きをいただいた後は
観音寺で道中の安全祈願して頂き、

観音寺.jpg


送迎バスで奈良まで行きます。


奈良についた後は、二月堂から少し離れたところから竹を運びます。
二月堂までの道中地元の方からぜんざいをいただきました。
和太鼓の演奏もあり迫力満点です!


二月堂まで竹を運びたかったのですが、
午後からデビューの制作を行なう予定だったので、
イベントの途中で田辺に引き返しました。

歴史あるイベントに直に接する機会がないので、
大変貴重な体験をさせていただきとても楽しかったです。
このような直に接することが出来る伝統行事が
あればまた参加しようと思います。

松永からの報告でした!
comments (0) | trackbacks (0)

ふれあい夢フェスタ  (2012/02/04 土)

こんばんは、福本です。

本日2月4日は、中央公民館でふれあい夢フェスタに参加してきました。
内容としましては、エコバッグづくりとしてペンや絵の具を使いバッグのデザインを行いました。

イベントはまず、津口・西野の司会で始まりました。
P2042769.JPG

司会が無事進行した後は、メンバー一同で子供たちとエコバッグづくりを行いました。
P2042771.JPG

一人で複数個を作ろうとする子供たちもいるなど、大変喜んでもらえました。
ブースへの来場者がたえることなく、にぎやかなイベントになりました。
ご協力いただきましたスタッフの皆様、ブースに来ていただいた来場者の皆様、本当にありがとうございました。
comments (0) | trackbacks (0)

竹取翁博物館 開会式  (2012/02/02 木)

こんにちは。
市民スタッフの小出です。
お久しぶりの活動報告です。
最近は「たんべ・デ・ビュー」の制作や、テストのため、学生たちは大忙し。
ただ1人、お気楽生活しております。

そんな訳で、もう昨日になるのですが、2月1日、三山木地区に竹取翁博物館がオープンするという事で、そのお手伝いに、市民代表の有地、学生スタッフの津口、小出の3人で行ってきました。
竹取翁博物館

今回は、3人とも全員着物で参戦。
なぜなら、今回依頼を受けたのが、お茶出しだからです。
3人でお茶をもてなしました。

お茶の入れ方。

まず最初に、お湯だけを入れ、器を温めると同時に茶せんをしならせます。
DVC00263.JPG

次に、抹茶を2杯はど器に入れます。
DVC00264.JPG

そして、あらためてお湯を入れ、
お茶1

最後は立てます。
この時、泡を作らないようにするのがポイントだそうです。
DVC00266.JPG

そして、完成。
DVC00267.JPG


2人が必死にお茶を立てている中、こんな事が出来る訳がない小出は、ただひたすら器の片付けに徹していました。
お客様がいない時、
「1回やらせて。」
と、言って体験させてもらいましたが、学生スタッフの津口に、
「小出さん、下手すぎ。」
と、言って、途中、茶せんを奪われる始末。
相変わらず不器用さを露呈してしまいました・・・


と、まあ、こんな事はありつつも、館長の小泉様らには大変好評にいただき、
「十分に良いおもてなしが出来た。」
と、言ってもらえましたので、良しとしましょう!!


その後、展示物見たり、シンポジウム等にも少しお邪魔させていただきましたが、本当にここが竹取物語の舞台だったように思えてきました。
自分が育った場所が、有名な物語の舞台だったというのは、なかなか嬉しいものがありますね。

この博物館が、地域の良い起爆剤になる事を願います。
comments (0) | trackbacks (0)
過去のイベント