マスコットキャラクターちゅう マスコットキャラクター
“ちゅう”です!

イベント情報

夏休みの思い出  (2011/09/30 金)

みなさん、こんにちは
めっきり黒くなった西岡です^^
この前初対面の子どもに「おっちゃん誰?」と聞かれました。
「お兄さんだろ!」と突っ込みましたが,
なぜか涙がほろりと。

夏休みの思い出!

この夏休み特段変わったことはあったかなぁ?
えーっとせっかくなのでついでに大学入っての夏休みを振り返ってみます。

1年の時はほぼ毎日大学に行ってました。
学園祭実行委員会に入っていたので^^

2年の時はインドに行きましたね。
3週間で8キロも痩せましたw

3年の時は留学に行く前で勉強を少ししてました

休学中の夏休みはヨーロッパを旅行したり、北海道に居候したりでしたね。

そして今年!
ボーリングに行ったり、朝まで呑んだり、内定先の懇親会に参加したり、
スポッチャ行ったり、龍馬館で遊んだり、積んどくしてた本を読みふけたり、
部屋のレイアウトを変えたり、パソコンを修理したり、


うーん、、、
書くことねぇよ!
最後の夏休みらしく「楽生」を楽しんだ夏でした。


10月からもよろしくお願いしますm(__)m

それでは♪

西岡♫
comments (0) | trackbacks (0)

ちょっとした出来事(^^)  (2011/09/30 金)

皆さんこんばんは(^^)
学生スタッフの副島です。

はやくスタッフ雑記書きなよー!と言われてから
だいぶ日にちが経ってしまいました・・
ごめんなさい!
今日こそちゃんと実行します。笑

何を書こうかなと色々考えたのですが
今回は夏休みのちょっとした出来事を、少しだけですがお伝えします♪
続きを読む>>
comments (1) | trackbacks (0)

東京2泊3日の旅〜♪  (2011/09/30 金)

こんばんわ〜(^ω^)★
ご無沙汰しております!羽田です。
今回夏休みの宿題ということで夏休みは終わりましたが、
楽しかった東京旅行について書きたいと思います!
長いですのでスルーまたはサラッと読み流して頂ければ幸いです。
続きを読む>>
comments (1) | trackbacks (0)

2011年9月25日 同志社山手公民館 竣工記念式典&竣工記念イベントに参加してきました(^^)  (2011/09/26 月)

先日9月25日にわれわれきゅうたなべ倶楽部は同志社山手公民館のオープニングイベントに参加してまいりました。

今回のイベントにはさまざまな催し物があり、その一部をお手伝いさせていただきました。

まずは公民館オープンを記念して、京田辺市長を筆頭にあいさつが述べられました。

またきゅうたなべ倶楽部発起人であり、現在は政策学部にて教鞭をとっております杉岡さんも、同志社から工学部の教授、さらに同志社女子大現代社会学部の笠間先生とともに席をつらねておられました。

P9252184.jpg

そして挨拶も終わり、記念に環境にやさしい風船をみんなで飛ばしました。

P9252199.jpg



午前中、ぼくたちは笠間ゼミによる催し物「わいわいプレイパーク」のお手伝いをさせていただきました。

わなげ、ボールプール、紙芝居、ちっちゃな楽器、たくさんのおもちゃで子どもたちはおおはしゃぎでした。

P9252210.jpg

P9252213.jpg

P9252215.jpg

P9252216.jpg

さいごにみんなでまるもりダンスを踊りました。

P9252222.jpg

そしてお昼休みをはさみ

P9252225.jpg

午後からは京都学生折り紙サークルさんによる「折り紙教室」がひらかれました。

P9252228.jpg


バラ、うさぎ、蓮の花、そしてトトロなどいろんなものを教えてくれました(^^)

P9252232.jpg

P9252234.jpg


P9252239.jpg

P9252240.jpg

折り紙もまた大人気で、予定されてた時間をこえてもみんないっしょうけんめいに折り続けていました。

そして完成したのが

P9252246.jpg

たくさんのトトロたちです。

こんなものまで折てしまうなんて・・・折り紙サークルさん、さすがです。


とまぁこんなかんじで、しっかりお手伝いできたかどうかわかりませんが、ぼくたちはおもいっきり楽しんできちゃいました。

P9252250.jpg

では、新学期も始まり身も引き締まる思いの眞野がお伝えしました(^^)
comments (1) | trackbacks (0)

いとしのヒナゴン  (2011/09/24 土)

こんばんは。
最近、柄にもなく講師業なんて始めちゃった市民スタッフの小出です。
知ってる人は知ってますが、講師業を始めてからというもの、週末の徹夜は通例となってます。
てな訳で、今日もこの時間。
休憩がてらに雑記書いてみます。

タイトルにさせていただいた『いとしのヒナゴン』は、皆さん、ご存知でしょうか?
これ、私が大好きな小説の一つのタイトルです。
いとしのヒナゴン
この小説はご存知ではなくても、重松清先生はご存知の方は多いのではないでしょうか?

ストーリーは、70年代に実際にあったヒバゴンという見確認生物を題材にした作品で、その未確認生物を子供の頃に探しまわったガキ大将が、30年後の現代、今度は町長となって再び探し始める、というもの。

特に際立って目を引くようなストーリーでもなく、なんとなく結論も読めてしまうような感はあるのですが、とにかく人間模様が非常に面白い。
登場人物個々に個性があり、上下巻なのですが、一日で読みました。

また、この小説は、映画化もされているのですが、特にヒットした作品ではなかったためか、DVDもほとんど出回っていません。
それが今週、奈良押熊のレンタル店で偶然発見し、今もDVDを見ながら作業してました。


、、、と、何が言いたいかと言いますと。。。

特に映画では色濃く出ていたのですが、この作品で訴えたいであろう問題。
それは、地域の問題なんです。
舞台となる比奈町(比奈町に出没した未確認生物なので『ヒナゴン』)は、負債を大きく抱え、合併問題に揺れる町。
その町を保っていくにはどうすればいいのか?
ここで出てくるのは、町民一人一人の町への愛着の強さ。
おらが町をどうするのか?
どうすればいいのか?
そのために、自分が出来る事は何なのか?
どれだけ不便で住みにくい町であっても、自分が育った故郷には変りない。
その町に対して、自分はどうすればいいのか?

小説が書かれたのは、ちょうど平成の大合併と重なります。
京田辺市も、合併案がありました。
しかし、その時私は、まだこの小説とは出会っていませんでした。
もし、その時にこの小説と出会っていれば、当時の合併案に対する考え方が変わっていたような気がします。

故郷とは?
それを、改めて考えさせてもらえる作品です。
そこを考える事は、きゅうのミッションにも繋がるので、先程、DVDを観て、再度考えさせられました。




と、文字ばかりが続いたので、最後は写真数枚貼り付けます!!
同志社山手の写真をちょこちょこと。

07年1月
07年1月

08年6月
08年6月

08年9月
08年9月

08年11月
08年11月

見てわかるかと思うのですが、これらすべて同じ位置から撮ってます。

小学生の頃、私は、現在同志社山手となっている山を、毎日のように走り回っていました。
今、この写真手前にある公園付近には、途中まで切り崩されたものの、工事が中断した山があり、木が生えていなかった事からそこを「ハゲ山」と呼び、そこが最大の基地でした。
同じ三山木小学校区でも、同志社山手一帯は、ほぼ私たちの地区だったため、まさにここが拠点。
他地区の子が山へ入る際は、許可を取らせてる子もいたほど。
完全に縄張り状態でした。

と、言っても、本当は立ち入り禁止区域だったのですが・・・(^^;
時々、地主さんに見つかって怒られたり、猟師さんに出くわして、「危ないから入るな」と怒られたり・・・

『ひとしのヒナゴン』のように未確認生物ではありませんが、熊の足跡を見つけたという噂が流れ、熊探しをした事もあります。
今から思えば、探すんじゃなくて逃げろ、と言いたいですが・・・


そんな思い入れいっぱいの土地である同志社山手。
ありがたい事に、きゅうで関わりを持つ事が出来るとの事。
実はこれ、きゅうに入った時からの悲願なんですよね。
ただ、あそこを見守るだけじゃなくて、やっぱり自分の手で何かしたい。
故郷ですから。

『いとしのヒナゴン』を映像で観て、同志社山手の話を聞いる。
改めて『故郷とは?』というのを考えさせられました。



ああ、かなり長くなっちゃったな。。
最後にこれだけ。


内輪話。
話がらっと変わるけど、誕生日祝いしてくれてありがとう!!


では、作業に戻ります。
comments (2) | trackbacks (0)

田辺区スポーツフェスタ2011  (2011/09/19 月)

昨日9月18日、われわれきゅうたなべ倶楽部は毎年恒例の田辺区スポーツフェスタに参加してまいりました。

前日の準備では途中から雨が降り出し、この日の天気が危ぶまれましたが、朝にはみごとな快晴となり、無事開催されることとなりました。

開会宣言が行われいよいよスポフェス、スタートです!!

P9182005.JPG

まずは準備運動から。

P9182014.JPG

そしてスポフェスの幕開けを飾ったのは玉入れです。

P9182035.JPG

みんな上手にカゴにたまを投げ入れていました。

P9182036.JPG

そしてちっちゃな子どもたちがお菓子に向かってかけっこをする競技も

P9182045.JPG

それに続いて行われたのは50m走。

小学生から大人までおもいっきり駆け抜けました!

P9182053.JPG

そして僕達も市民の方にまじり、参加させていただきました。

P9182059.JPG

結果は、この日お手伝いとして来てくれた僕の友達の篠田くんが1位となりました。

ちなみに僕も奮闘の甲斐あり3位となったのはここだけの秘密です。


その後もさまざまな競技が繰り広げられました。

こちらの写真は「愛の三角関係」という、三人一組背中合わせでボールを落とさないように走るという競技です。

P9182091.JPG

午後はビンゴ大会があり、ここでも僕はみごとビンゴをだし単三電池セットをいただきました(^^)

そして大会はどんどん進み、最終種目の地域別30人対抗リレーで幕を閉じました。

P9182109.JPG

最後に福引も行われたのですが、そこでは市民スタッフ小出さんがトイレットペーパーを、学生スタッフ津口さんが室内用物干し、さらに田村くんがタコ足コンセントを当てちゃいました。

きゅうのみんなは強運の持ち主なんですね!!

運動会なんて何年ぶりかに参加しましたが、こうやって身体を動かすというのは楽しいもんです。
ほんとにいい汗をかくことが出来ました。

以上、筋肉痛のため階段をのぼるのがつらい眞野がお伝えしました。

それではまた次回お会いしましょう。
comments (0) | trackbacks (0)

ゼミの結果・・・。  (2011/09/17 土)

皆様大変お世話になっております。
二日続けて松永がブログを更新させていただきます。

さて、昨日行われたゼミの結果が今朝発表されました。
結果から申しますと、合格でした。
秋学期から、宮崎ゼミでお世話になります。
結果を見たときは久しぶりに嬉しいっと心の底から思いました。
そしてこの結果はきゅうたなべ倶楽部に在籍していなければ
なかったと言いきれます。
ここに在籍してからの一年間でいろんなことで
もみくちゃにされて(笑)自分でもわかるぐらい成長しました。
どこがどう成長したんだっと言われれば自分でもよくわかりません。
ひとつここはこの一年間で成長したなっと自分で思うところは
自分なりに考えて自分なりの答えを出すってことでしょうか。
この成長は僕にとっては大きな成長です。

さて、前置きが大変長くなってしまいましたが
昨日の記事でも書いていたゼミに入ってからやりたいことに
ついて詳しく述べようと思います。

私が、ゼミでやりたいことそれは
「ITを使って多くの人にありがとう」
を頂くことです。

今までの、きゅうたなべ倶楽部でも
ありがとうをいただくために活動していました。
それとはどう違うのか。それは、
「自分からありがとうをいただくために動く」
ということです。

今までの僕のきゅうたなべ倶楽部での活動は
受け身なことが多かったです。
自分から行動してなかったと思います。
たとえば、今年度のキャンパスリユースの代表も
きゅうたなべ倶楽部学生スタッフのみんなの
後押しがなければつとめていませんでした。
また、キャンパスリユースという例年きゅうたなべ倶楽部が
主催で行っているこのビッグイベントが存在していなければ
これほど大きな事業をやってみようとも思わなかったでしょう。

唯一、自分からありがとうをいただくために動いたことがあります。
それが無償提供事業でした。
無償提供を通しての経験が今の僕に刺激を与えてくれました。
この事業を率いて、多くのありがとうをいただいた僕は、
またたくさんの「ありがとう」をいただくために自分から
何か新しいことをやろうとひそかに決意していました。

その”何か”をこの宮崎ゼミで見つけよう
そして、見つけるだけでなくその何かを
実現するためのスキルも一緒に磨き
そしてたくさんのありがとうをもらってこよう
そう思っています。

昨日の記事でも書いたとおりこのゼミでは、
学校生活の中で不便なことを自分たちの専門分野である
”IT”を使って解決していくそんな雰囲気があります。
(これってきゅうたなべ倶楽部とアプローチの違いは
ありますけど大変似てるような気がします。)

このゼミで学んだことをきゅうたなべ倶楽部で応用し、
京田辺市のまちづくりに貢献できればそのように考えております。
ゼミに入ってやりたいことそれは
「自分から行動してそしてありがとうをいただく」
っということです。

これから、この”IT”は今まで以上に僕たちの
生活とは切っても切り離せないものになるでしょう。
今でも考えられません。
その切っても切り離せない技術を利用して、
多くのありがとうをいただけるようにゼミを
頑張っていこうと思います。


最後にこれからも、きゅうたなべ倶楽部を
よろしくお願いいたします。
長文、末筆のため非常に見づらい記事に
なってしまい申し訳ありません。
自分の文章力ではこれぐらいのことを書くので精一杯でした。

それではこれにて、僕の夏の総括を終わらせていただきます。
最後まで読んでいただいた皆様本当にありがとうござます。
comments (3) | trackbacks (0)

北の大地に降り立った男 〜2・3日目〜  (2011/09/17 土)

春学期、成績が少し落ちてしまい気分も少し落ち込んでいる眞野が先日の続きをお伝えしたいと思います。

さて今日は2〜3日目のことを書こうと思います。


前日のニュースでは2日目のこの日、台風がいちばん北海道に接近するとのことでしたが、目を覚まして窓の外を見てみると小雨はぱらついているものの風はなく、じゅうぶん歩き回れる天気でしたので、前日見ることのできなかったところに行ってきました(^^)
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

迷える子羊  (2011/09/16 金)

みなさまお久しぶりです。
きゅうたなべ倶楽部学生スタッフ松永です。

気がつけば、二回生の夏休みも終わりに近付いており
きゅうたなべ倶楽部が秋学期にどのような活動を
行っていくべきなのかスタッフで話し合う季節となってきました。

今年は一人で九州旅行に行ったり、きゅうで活動したりと
とても楽しい夏休みを送ることができました。

九州旅行について記事を書きたいところなのですが、
残念なことに写真が一枚もございません。
っというのも携帯の充電機能が故障しており
満足に携帯を使用することができず、
カメラも持たずに旅行に行ってしまったため
ご報告したくてもできないのです。
非常に残念です。


そこで今回執筆する内容は僕の今結果待ちをしている
ゼミのことについて書こうと思います。

タイトルにもあります「迷える子羊」とは僕のことです(笑)

9月13日、経済学部合同ゼミ説明会があり、
その日はじめて教授から直接ゼミの説明を
聞くことができました。
そして、9月14日までには行きたいゼミに応募申請する
というタイトなスケジュールの中
これだ!っと思うゼミに応募しました。

僕は経済学部に所属しておりますが、
以前から情報系ゼミというなんとも理系チックなゼミに
入りたいと思っておりました。
なぜ情報系なのかと申しますと
一番興味がある分野が情報系だからです。

そして経済学部には、情報系ゼミが二つあります。
その二つとは宮崎ゼミ、高井ゼミです。。。
どちらにするか真剣に悩みました。
ここが僕の人生を変えるかもしれない
そう思うとなんだか力が入ります。

そのどちらを選ぼうかと真剣に迷った結果
導き出した答えは宮崎ゼミでした。

9月13日のゼミ説明会で教授がおっしゃった言葉が
私にこのゼミを選んだ理由となりました。
それは、
「みんなをハッピーにしよう」
という言葉です。

それを聞いた瞬間、このゼミしかない!っと強く感じました。
現在のきゅうたなべ倶楽部での活動もたくさんのありがとうを
いただくために活動しています。
ゼミを通しても何らかの形で自分の力が役に立つのであれば
これほどやりがいのあるゼミはないと思います。

このゼミでは過去に大学の休講情報ページを作成したり、
現在は科目履修をもっと簡単にできるようなページの作成を
模索したりと活発に活動されています。

今日の面接で、ゼミを通じてもたくさんのありがとう、
ハッピーのために活動したいと教授に熱く伝えてきました。

宮崎ゼミの面接結果は明日の午前9時に発表です。
明日の記事では結果、ゼミに入って何をしたいか
について書きたいと思います。
もしゼミに落ちていたら慰めのコメントよろしくお願い致します。

っということで明日の更新をお待ちください。
(この流れが最近続いている気がしますねw)
comments (0) | trackbacks (0)

北の大地に降り立った男 〜1日目〜  (2011/09/15 木)

夏休みも終わりが近づいてきました。子どもの頃は、もちろん最終日にまとめて宿題をこなしていた真野が、先日の行ってきました北海道旅行について書こうと思います。

大学生といえば、当然のことながらおよそ2ヶ月にも及ぶ長期休暇がございます。
その長い休み、ただだらだらと日々を垂れ流すだけではだめだ!!
ということで今年の夏はバイトに精を出し、そこで貯めたお金で旅行をするぞ!!
という結論に至ったわけです。
そして(十分とはいえないが)お金もたまり、いざ旅に出ることとなりました。
しかしこの旅も、カナダにいる宮本君ほどではないですが、一波瀾、二波瀾ほどあったのです…
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)
過去のイベント