マスコットキャラクターちゅう マスコットキャラクター
“ちゅう”です!

スタッフ雑記

コラム第4回「広報活動の最大の壁」  (2012/05/18 金)

こんにちは、執行です。

先週の情報交換会に来て下さった方々、本当にありがとうございました!
総計13名(スタッフを除く)もの方々にお越しいただき、皆様も我々としてもとても有意義のある時間を過ごせたと思います。

Twitter等にも告知している通り、次の第106回情報交換会は6/9(土)を予定しております。
詳細は、後日また、きゅうのHPやTwitter、Facebookにて掲載いたしますので、ぜひご参加ください。
なお、次回から参加費を徴収いたしますので、ご了承ください。
学生の方は参加費を無料とさせていただきます。
その際は学生証を提示していただく場合がありますので、ご持参ください。

さて、ここで書くものではないのかもしれませんが、せっかく先週分のコラムで自分なりの広報活動を行ってみた、と書きましたので、今回はそこから得たことや気づいたことを述べていこうと思います。
すなわち「反省」ですね。

先週の内容とかぶりますが、今回僕は「A4サイズをを3分割した小さなビラを、デビューに挟んで一緒に渡す」というやり方で広報をしていきました。
最初は僕の知り合い、友達に渡していきましたが、僕の所属している別のサークルのメンバーや先輩たちにも、とにかく渡していきました。

そこから分かったのは、やはり「ほとんどの方がデビューやきゅうのことを知らない」ということです。
その一番の理由は「興味があるか、ないか」
実際、僕が手渡しをして手に取ってくれたとしても、ページをめくることもなくカバンにしまう方もいましたし、「いや、たぶん読まないからいいや」とバッサリ断られたこともありました。

場前を知ってもらうことも重要ですが、やはり「興味」「関心」が最も重要であることを知りました。
しかし、ここはどうしようもない壁です。
強制的に興味を持たせることなんて不可能ですし、やはりそこは個人の意思の問題になってきますからね。

ただ、「関心を向けさせる」ことは、どうにか出来そうな気がします。
広告の中に盛り込む情報、レイアウト、配布の仕方 etc...
工夫はいくらでもできますから、今回のことを活かして、第106回目もより多くの人に来ていただけるような工法をしていきたいと思っています。


最後に、今週嬉しかったことを一つ。
僕が取っている「人間と社会」という授業において、「近年の無縁社会問題を解決するためにはどうすればいいと思うか?」という課題で、「現在僕はきゅうたなべ倶楽部に参加していて、きゅうのような地域的な活動が学生と市民をつなぐことにより、地縁の希薄化を解消できるかもしれません」と書いて提出したのです。
すると、先生が興味をお持ちになって下さって、次の授業の冒頭できゅうたなべ倶楽部を紹介してくださったのです!

本当に嬉しかったです。
今後も、学生と市民の深い地縁を結んでいけるような活動をしていきたいと思います。
よろしくお願いします!
comments (1) | trackbacks (0)

コメント

教授のお話すごくいいね!
情報交換会にお越しいただきたい(笑)

執行くんの指摘の通りだよね。
もっといろいろと広報の工夫はできると思います。

個人的に一番の広報は”きゅう主催の催しを開く”ことではないかと思っています。
実際に活動している人を見ることもできるし、そのイベントに参加することによって「こんな楽しいことやってるんだったら一回やってみたい!」って思う子が出てくるでしょう。

またゆっくりお話ししましょう!
まちゅなが | 2012/05/21 22:02

コメントを書く

トラックバック

過去ログ