京田辺と同志社をつなぐフリーペーパー

たなべ デ・ビュー ~TANABE DE・VIEW~

たなべのgoodをみつけよう

たなべ デ・ビューVol.9~TANABE DE・VIEW Vol.9~

巻頭特集:京田辺のななふしぎを追跡!

京田辺市の不思議を検証しました!

京田辺市のいいトコロ

京田辺のいいトコロ!学生!巨匠!

京田辺マップ

京田辺のGoodなお店を紹介!

キャンパスデビュー

同志社・同女のキャンパスを
もっと知ろう!

and more...

たなべのgoodをみつけよう
「たなべ デ・ビューVol.9~TANABE DE・VIEW Vol.9~」では、「たなべのgoodをみつけよう」をテーマに、この春から京田辺に住む学生には京田辺の魅力を、既に住んでいる学生や京田辺市民の皆さんには京田辺の魅力を再発見をしていただけるよう企画しました。
この紙面を手に、沢山のたなべのgoodを見つけていただけると幸いです。

この「たなべ デ・ビュー」は、京田辺市や同志社大学京田辺キャンパスのことをもっと知ってもらいたいという想いから作成しています。
あなたの“たなべライフ”がより充実したものとなりますように!

アンケートご協力のお願い

「たなべ デ・ビューVol.9~TANABE DE・VIEW Vol.9~」をご覧いただき、誠にありがとうございます。
今後の紙面向上のため、アンケートにご協力いただけると幸いです。

きゅうたなべ倶楽部について

きゅうたなべ倶楽部 私たち「きゅうたなべ倶楽部」は、「同志社大学と京田辺市」、「大学生と市民」、京田辺市における「ニューカマー(新しい住民)」と「オールドカマー(古くからの住民)」のコミュニティの乖離に問題意識を持ち、このような状況を解決することをミッションに2003年4月25日に誕生した、 まちづくりNPO(非営利組織) です。

なお、「きゅうたなべ」という造語は、「京田辺(きょうたなべ)一休(いっきゅう)禅師が晩年住まれたまちという事を知ってもらいたい」という思いと、「たくさんのありがとう(さんきゅう)」を集められるような団体になりたい」という思いがこもっています。

また、組織も、学生代表と市民代表を置き、学生の視点だけでなく、市民の視点からも「まち」を捉えられるようにしました。

現在の主な活動としては、事業概要に掲載されている事業を中心に、

①「大学と地域をつなぐコーディネート」、
②「コトおこし・コトづくり(イベント・コミュニティビジネスの創出)」、
③「政策提言(アドボカシー)」、

そして、

④「このまちに興味・関心を持ち、活動してくれるヒトづくり(社会起業家の養成)」に取り組んでいます。

――京田辺というまちを「大学のあるまち(university+city)」から「大学のまち(univercity)」へ変え、挨拶と笑顔、そしてありがとうの溢れるまちにすること――

です。 
皆さん、どうかご支援・ご協力のほど、宜しくお願いいたします。